根管治療について

こんにちは、院長の岡本です。

今回は根管治療についてです。

治療の説明の中で神経の治療もしくは歯の根の治療などと聞いたことはないでしょうか。これらは専門的に根管(こんかん)治療と呼ばれております。
歯の神経(歯髄組織)まで細菌感染が及んだ歯(いわゆる虫歯)に行う治療です。
実際には歯の根の内部(根管)まで及んだ細菌や過去に詰めた古い充填物を取り除く治療になります。

歯根の中はとても細かい構造をしており、歯によっても数や形にばらつきがあるため高度な技術が必要となりますが、
適切な治療を行うことでその歯の神経が無くなったとしても、歯の保存が可能になります。

当院の根管治療の特徴として以下のことがあげられます。

1 歯科用CT

CTとはComputerized Tomographyの略であり、X線断層撮影法のことをいいます。

従来のレントゲン撮影は一方向からみた画像ですが、CTは3次元的に様々な方向から診ることができます。
主に歯科においてはインプラント治療や矯正治療などの診断に有効です。
根管治療の場合には、従来のパノラマX画像や口内法X線画像といった2次元的なレントゲン写真では診断が困難な病巣があります、
しかしCTを活用することでより早期に診断することが可能になったり、2次元的なレントゲン写真では確認できなかった根管を確認できたりするので、
根幹治療の成功率を向上させることができます。

2 ニッケルチタンファイル

感染源を取り除く際に「ファイル」という専用の医療器具を用いますが、従来の歯科医療ではステンレス製のファイルが使用されてきました。
しかし、複雑な形態の根管内では、柔軟性に乏しいステンレスファイルを用いても汚れを適切に除去しきることは難しく、根
管内の組織を傷つけてしまう危険性もあります。

そこで当院では、世界的にもスタンダードとなりつつある「ニッケルチタンファイル」を導入しています。

ニッケルチタンファイルは非常にしなやかな柔軟性を持つため、従来のステンレスファイルの欠点を解消してくれる器具です。
従来の治療の時間短縮にもつながります。当院では、可能なかぎり患者様の大切な歯を残すために、
先進の医療技術を駆使し、より安全性と精度の高い根管治療をご提供しております。

 

桜新町 根管治療 デンタポート

 

3  超音波スケーラー

根幹内部の汚れや治療により形成された汚れなどを洗浄する機器です。

手用の治療器具に比べて根管の長さを測定しながら洗浄や拡大できるため治療を効率よく行うことができます。
こういった最新の器具を使用して治療を進めております。

 

桜新町 歯医者 根管治療器具

 

最後に根幹治療の予後について

根管の形態は細く複雑なため再発を防ぐには複数回通院して治療する必要があります。

しかし、中には『もう痛くないから』といった理由から治療後の検査やメンテナンスを怠ってしますケースもあり、再発に至ることがあります。
根管治療は歯を残すための大事な治療であるため、治療後もしっかり検査やメンテナンスを受けていただき、
患者さんの大切な歯を守っていきたいと思っておりますので、ぜひ共に治療を頑張っていきましょう。

 

ご予約・お問合せ

03-5450-8239

平日 10:00-13:00 / 14:30-19:00
休診:祝のみ

診療時間

〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2-9-1 小泉ビルB1F

東急田園都市線・桜新町駅 西口 徒歩30秒
(西口階段出てすぐ)

東急田園都市線 渋谷駅から10分
東急田園都市線 二子玉川駅から5分

★車をご利用の方
当院は駅前通り商店街(旧大山通り)沿いにあります。
お会計時にコインパーキング利用証明書をご提示頂ければ、当院窓口で駐車料金を負担いたします。
※周辺駐車場はいつも混み合っております。なるべく公共の交通機関をご利用下さい。